イベントを開催すると企業とお客様のココロに残る

イベントを通じて、 自社のプレゼンを身につける 作戦なら取組みやスタートが しやすい

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

春のイベントの準備が始まりました。
「今年はどんなイベントにしていこうかとテーマを今までとは違う視点で考えている」、
そんな時期、そして準備の時期ではないでしょうか?

2018年のイベントは、各業界の方々が自主開催でイベントを行うことが増えた年でした。
業界を超えてイベントのコラボを行ったり、
イベントに対して「そんなのありえない」というイメージだった。
そこから、2019年は、業界全体がイベントに取り組んだり、
実験としてイベントを主催したり。
イベント主催者も多方面の方々の活動情報からイベントへのたくさんの刺激を受けて
進み始めていると確信しています。

イベントを通じて、 自社のプレゼンを身につける 作戦なら取組みやスタートが しやすい

サマンサハートも多くの企業様に「今までイベントに取り組んだことがないから」といわれながらも、
イベントの企画や組み立て、集客方法や活動視点などに興味を示してもらいました。
そして、実践を軸として考えていただいていますので、
「これから自分たちでこの活動をするんですよね」と現場を動かしていただいたのは印象的でした。

今年になって、特に目立つのが、
イベントのコンセプトやターゲットの変更を考え、自身のあり方を変更して行くようなイベントを
企業様が立ち上げていることです。

このままじゃだめだ。
 ↓
新しい視点を持とう。

に企業様自身が、変わってきているのだと感じています。

また、BtoB企業様がイベントを主催する時、
「初めてだし、これから集客を、頑張るぞ」と気合が入っていきますよね!
そんな企業様への企画は社内研修会、個別相談会をお勧めして、会社全体で動くことを企画していきます。

イベントを通じて、自社のプレゼンを身につける作戦なら取組みやスタートがしやすいからです。
ぜひ、イベントを企画してみてください。
顧客拡大や商品シェアの拡大につながる企画になりますように。

 

関連記事

  1. 成果に結びつくには、戦術の工夫ではなく、戦略立案

    戦略立案の6つのポイントをまとめました!

  2. 集客のマニュアルを企業が保有しているかどうかで集客の成果と効率が変わる

    企業に存在する集客の手順とマニュアルについて

  3. 年間販促計画の簡単な作成方法について

  4. マーケティング活動から実践し出来上がった活動を振り返りノウハウを作るのが早い

    マーケティング時代に欠かせないワークフロー

  5. 会社と社員が共に成長できる社員育成テクニックにはマーケティング

  6. 1対1だからこそ「経営者としての本音」をお聞きすることが多い

    経営者は「この言葉が好きだ」とわかった、そのワードと理由

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ