顧客増から自社の売上増となる活動準備

例えば、集客の手順が整っていていつも企画がスムーズに 考えることができると、 社員に任せることができる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

カスタマージャーニー、もう、マーケティングでは当たり前の言葉になりました。
このカスタマージャーニー、販売カレンダーやイベント企画など、
集客ツールは1アイテムを取り入れるだけでさまざまな企業活動が変化を起こし始めます。

新年度や新事業の確立に向け、
小さなジャブを繰り返し行うことで顧客に認知してもらえる
商品やサービス、技術の相乗効果を生むイベント活動を取り入れて、
顧客増から自社の売上増となる活動準備をしませんか。

当社は顧客増、受注増のためのマーケティング(売れる仕組み作り)
のプロセスを重視しています。

例えば、集客の手順が整っていていつも企画がスムーズに 考えることができると、 社員に任せることができる

突然ですが、先日、この重視しているプロセスが
企業に無くなったらどうなるのか、という
ミーティングを行いました。

みなさんも、自社で大切にしているサービスや仕事ができなくなったら
会社はどうなるかと、想像したことがあるのではないでしょうか?

もしも、サマンサハートで大切にしているプロセス「集客の手順やノウハウ」が
無くなったら、得意先企業様は実践する方法を毎回考え作りだすことになるので、

・時間がかかり、作業が増えるため集客費用が膨大になる

・企業が集客のやり方が分からず、企画がいつも途中でとまる

・新人に作業や手順を受け継いで動いてほしいのに
伝えることに時間がかかり、今までの社員だけしかやれない

・毎回新しいことをすることになるので、広告宣伝費は高くなる

・成功事例の積み重ねができず、毎回社長が新しく企画を考える

こととなり、一番大切にしたいメインの仕事以外に
売れる仕組みを作るために時間をとられることとなります。

例えば、集客の手順が整っていて
いつも企画がスムーズに考えることができると、

・社員に任せることができる

・集客が苦手だと感じなくなる

・イベント開催数を拡大できる

等から、結果的に顧客が増えることとなります。

大切なのは、自分のやりたい集客手順と企業にとってやるべき集客手順の接点を
集客ツールを使って実践し続ける努力をすること。
もしツールがないのであれば、顧客増に時間がかかりすぎることとなるので
どうやったら自社のプロセスに組み込めるのかを考える。
カスタマージャーニー、販売カレンダーやイベント企画などの、
集客ツールを取り入れながら。
そこは簡単に諦めずにプロセスを構築する
努力をする必要があると感じています。

関連記事

  1. ブランディングプロジェクトでは企業とお客様との関係作りにまっすぐに取り組む必要がある

    本当のブランド戦略で必要なチェックはこの2つだけ!!

  2. 展示会でブースに立ち寄ってもらうにはブランドイメージがあること

    展示会に出展するだけなのに、なぜブランドイメージが必要なのか

  3. マーケティングが必要かも興味出てきた

    マーケティングと当社の間に存在するある関係性

  4. 本来の競合調査とは競合の”弱み”の情報を見つけるのに時間を使う

    急がれる戦略立案、間違った情報の使い方から起こる実践ミスを防ぎたい

  5. マーケティングは社内業務、集客活動、販売促進、リサーチなどを実践する中で効率的にしていくのは必須

    時間短縮とマーケティングが企業の新しいマーケットをつくる

  6. 「誰に・何を」だけではなく「どうやって」も大事な時代

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ