書く社内コミュニケーション戦略

会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、 意外と社内、社員間の改革のpoint

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

クライアント様から、
「社内のコミュニケーションを改善したいけどどうしたら良いのか?」
というご質問をいただきます。

サマンサハートで社内のコミュニケーションを改善する活動として、会議を活用しています。
会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、
意外と社内、社員間の改革のpointだと私たちは考えています。

以前の会議では、進行係が話をして会議が終了していました。
これでは社員の考えが共有できず、
社内のコミュニケーションができているとは言えないかと思います。

でもどのようにコミュニケーションをするといいのか
分からないというのが現状ですよね。

そこでコミュニケーションのツールとして付箋を使いました。
そして会議には付箋に考えたことを書き、それを見ながら話を進めることにしました。
今までの報告会のような会議とは一変しました。

会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、 意外と社内、社員間の改革のpoint

会議の流れは、

・数字の報告はチャットで行い、事前に全員が確認をする

・会議は1ヶ月間の振り返りを行い、付箋に書き込む

・全員の付箋をまとめて、全員ですべての付箋を確認する

・みんなの意見を聞く
※ここでどんな風に思っているのか考えが分かる

・これからの1か月間についてできることややっていきたいことを付箋に書き込む

・振り返りと同じく、全員ですべての付箋を確認する

・みんなのこれからの活動について共有する

です。
書くことで頭の中を整理、書いてあることでハードルが下がり、
構えることなく会話ができるようになりました。
当社のマーケティング勉強会でも使われている手法です。

日々の業務や社内コミュニケーション戦略に生かすことができる
“実践型マーケティングとも言えるって考えます。
社内のコミュニケーション改善のヒントになると嬉しいです。

*******************************
【お知らせ】
□コミュニケーションを取りながら進める集客企画のサポート「売れるマーケティング塾」について
http://www.samanthaheart.com/service/ureru-marketing/
*******************************

関連記事

  1. マーケティングプロセス、活用の秘訣

  2. ブラッシュアップしたデータや技術を改良点などレポートにまとめ

    市場環境の変化があっても立案した戦略を実践に導くには

  3. マニュアル(=売れる仕組み)で成功した社長がいる

    そこには「やる気」がある

  4. ビジネスへの動画活用をやってみた件【youtube】

  5. 革新するのは技術だけではない

    自社の新規事業とその戦略はこの分析から

  6. 売れるマーケティング塾研修終了

    大切なのは「個別企画」と「全体の統合」

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ