なぜスタッフがマーケティング解析士の資格を取るのか

マーケティング戦略の立案においてブランド価値も目標設定する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

スタッフが私に続き、マーケティング解析士の資格をとりました。

**************************************

マーケティング戦略の立案に置いて、ブランド価値も目標設定するときがあります。
ブランド価値はシェア率に置き換えられます。

その中で発信される数字が、約2%。
100人のうちの2人が
『絶対に〇〇(自社の名前を入れてください)でなければ嫌だ』という商品、サービスを提供するってことです。
この数字は大手企業が掲げている数字です。
良く考えるとすごい数字だなと思います。
2人のシェアが取れると存在し続ける会社であることが分かるンだなと考えたってことですよね。

そこで、BtoB企業が行っている価格提案ではなくシェア拡大が必要となってきます。
シェア拡大に必要なのは、マーケティング戦略を確立すること。

だからこそ、ターゲットを絞り込む!

マーケティング戦略の立案においてブランド価値も目標設定する

ターゲットを絞り込むとマーケティング戦略の実践は
容易となるが、市場・顧客・自社データがないと出来ない実践です。

理由は、差別化できる戦略が立てられないから。
『絶対に〇〇(自社の名前を入れてください)でなければ嫌だ』という根拠となるものです。
何を持って、差別化というのか、『絶対に』と言ってもらえる明確なデータは社員をも引きつけます。
その根拠を戦略に結びつけ、実践をして成果を出すために
市場・顧客・自社データを集め、根拠とすることが必要です。

それができるのが、マーケティング解析士と解析データ、だと思っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. オンライン展示会で成果を出すことができるためのサポートを提供

    いままでの常識を覆す新時代の最強ツールがオンライン展示会

  2. 技術力以外で顧客の心を動かせるもの

  3. いつも社員が関わってクライアント様に企画を立案するための手法

    データから企画を立案する際にはどんな環境がベストなのか?

  4. 情報を求めている顧客に 対して情報発信を していくこと

    BtoB企業が最近、マスメディアを使って広告するワケ

  5. 相手の気持ちを掴むことともできる

    興味を持ってもらえる求人票は企業の雰囲気が伝わるものを

  6. 提案書や企画書が動くのは仕組みを知り積み重ねる活動が基本

    企業が使い分けできる3種類の提案書

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ