営業の本質と売れるマーケティング塾(東京編)

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日は、売れる!マーケティング塾第4回目で、それも東京での開催。

この企業様では、上昇気流に乗っている営業マン5名でのチームを組んでいて、
企画書作成も佳境に入ってきました。

企画書を作成していくとそのまま事業を構築することになります。
事業を形造っていくと起こる大きな変化は、
社員みずから、企画について発展イメージをつくることができるようになっていくこと。

企画書を作成し、マーケティング戦略を立てていくことができると、
営業マンはどんどんと進化して行くことが分かります。

「商品のパッケージについてもプロジェクトチームを組みたいな」

「マーケティングの部署にお願いするのだったら、先にこの資料を部長に目を通してもらうといいな」

「この5人が動くことが重要なんだな」

など、マーケティング的な進化が早い!


これは企業様に訪問する前に寄ったカフェでの1枚です、企業様ではなくってすみません。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  2. 「戦術より戦略派」が増えている理由

  3. リカバリーすると考えれば集客はこっちのもの

    BtoB企業が「相談しずらい」というマーケティングを満足に導く

  4. 「ここだから、ここにいるからこそ、働ける!」と実感している女性を生み出す

    女性の働きがいと最近の活動状況

  5. 会議のURLを連絡して当日はそのURLにアクセスしてもらうことですぐに面談を開始できる

    製品説明や工場見学にWeb会議システムを

  6. 取材されることは広報活動でありビジネス効率化

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ