営業の本質と売れるマーケティング塾(東京編)

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日は、売れる!マーケティング塾第4回目で、それも東京での開催。

この企業様では、上昇気流に乗っている営業マン5名でのチームを組んでいて、
企画書作成も佳境に入ってきました。

企画書を作成していくとそのまま事業を構築することになります。
事業を形造っていくと起こる大きな変化は、
社員みずから、企画について発展イメージをつくることができるようになっていくこと。

企画書を作成し、マーケティング戦略を立てていくことができると、
営業マンはどんどんと進化して行くことが分かります。

「商品のパッケージについてもプロジェクトチームを組みたいな」

「マーケティングの部署にお願いするのだったら、先にこの資料を部長に目を通してもらうといいな」

「この5人が動くことが重要なんだな」

など、マーケティング的な進化が早い!


これは企業様に訪問する前に寄ったカフェでの1枚です、企業様ではなくってすみません。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. あったらいいのにと思った時がチャンス

    企画イメージを文字化、具体化することが難しいと感じたら

  2. 企業様からコンセプトと欲しいターゲットのニーズをお聞きし提案書を作成

    費用対効果の高いマーケティング手法としてご提案したいコト

  3. 売れるA商品をもう一つ 作ったことで、 新たな市場を獲得

    今の時代、象徴的と言える少数意見をキャッチできるか

  4. 展示会における商品力と販売促進の視点

  5. コミュニケーションとマーケティングには深い結びつき

    マーケティングWEBを活用できる社員が増える

  6. 展示会がBtoB企業の顧客拡大に繋がる一連の活動とは

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ