結果の出る戦略を立てる前に行う重要な、あること

キャンペーン企画でサロンから受注されるディーラー営業マンにみてほしい

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

サロン向けのブログでも書いていますが
東京で頭を柔らかくする勉強会にいってきました。
私の勉強の目的はやはり「マーケティング」です。

そのマーケティングとは、顧客獲得のためのマーケティングです。
顧客獲得には戦略を立てることが重要!
そしてその戦略が確実に実行できる戦略にするためには
売れる戦略を立てるために事前に行う重要なことがあります。

その重要なこととは、ニーズが複雑化している現代で「欲しい」といてくれるお客様に確実に
自社商品を販売することに繋がること!!

この、お客様に確実に販売する方法が理解できたら、
戦略を実行に移しても問題がないわけです。


・写真は美容ディーラー様研修前の様子です。

例えば、「20代はソフトクリームをコンビニで買う」という
ニーズを知っていたら、20代にターゲットを絞って実践的な戦略を立てることができるわけです。

ところで、みなさん!!ご存じですか?

薄々勘づいていた人は多いと思いますが・・・
20代がコンビニでソフトクリームを買う、それがデータとしてあったなら、
20代のお客様へどのようにアプローチするか明確な戦略を社員と話し合い確実に仕掛けますよね!

また、そのデータを持っていて、
20代の女性のソフトクリームを買う前の気持ちをも把握できていたなら、店舗外からのアプローチは
確実なPOPなども含めて、ニーズに合わせて案内をしますよね!!

これって、どのくらいの幅で活動するのかを会社として決めることにもなります。
確実なる戦略が立てられるってことです。
負けない戦略ってって感じですね。

キャンペーン企画でサロンから受注されるディーラー営業マンにみてほしい

こういった売れる戦略を立てるために事前に行う重要なこととは「リサーチ活動」です。

特に売り込みたい商品を持っている企業さんが求めているのは、
変わったものではなく自社商品が確実に売れる戦略です。
それには、「買いたいお客様の気持ちを知ること」
詳しくいうと、
「買う前の買いたくなる気持ち」を知ることです。

その買いたくなる気持ちを見える化する方法について学んできました。
また、ブログで詳しくお話していきたいと思っています。

関連記事

  1. 企業の自主開催のイベントにはお知らせDMが重要!【youtube】

  2. 新規顧客の獲得は、 新規がわかりやすい& 購入しやすい構造になっているか

    どのように新規顧客プロセスや獲得戦略の軸を設定するか

  3. 革新するのは技術だけではない

    自社の新規事業とその戦略はこの分析から

  4. 事業のイノベーション

  5. マーケティング戦略構築で必要とされるリサーチの分野はこれ

  6. 企画書を作成できるのは考えをまとめることに十分な時間をかけるから

    10年前から大きく変化している?企画書の作り方

月別アーカイブ