頭にあることを言語化することは重要事項

事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

こんにちは! 新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業様のロードマップ(事業方向性)を作成するためのプロジェクトとして、
企業ミーティングに加わり、ある一定の方向性を引き出すことができました。
この企業様とは2016年からのお付き合いで、
実に1年間半の中で、経営に関わる方の想いを引き出すことから始めました。

コンセプト設定がここから始まるが、
想いを引き出すのに時間がかかることはんーーーっと、腕組みする部分です。
思い返すと様々な感情が湧き出てきます。
そんなに事業への思いを言語化、図式化するのは簡単な作業ではないからです。

たった一つのメモから、事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しいし、感慨深いところです。
マーケティングの仕事をしていて、最高のことです。

事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

これからは、どんな詳細でもどんどんと引き出しを開けることで、
若い社員と思いや方向性を共有する時代。
メモは一つのきっかけですが、「中小企業にマーケティングが実践できる部署をつくる」を旗印に、
ロードマップの作成に入っていきたいと思っています。

今後の展開は自社が信じる技術と顧客の未来に向け、
ブランドの発信ができるように、よりスピードを上げて大きな成長を目指して行こうと思います。

関連記事

  1. より明確に新しい市場や新規顧客を見つけることができる

  2. ツール VS 売り込み営業の関係性

  3. 女性がチームで活躍する事は本当にできるのか?

  4. 主催者が集客で迷わない4つのヒント

  5. 会社として広報活動がどうなってほしいのかを伝える

    女性社員に会社広報部として活動してもらいたいとき

  6. 会社も盛り上げ社員のモチベーションもアップさせ自分も上昇気流に乗りたい

    社長と社員と会社は、一致させて上昇気流に乗せたい件

月別アーカイブ