頭にあることを言語化することは重要事項

事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

こんにちは! 新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業様のロードマップ(事業方向性)を作成するためのプロジェクトとして、
企業ミーティングに加わり、ある一定の方向性を引き出すことができました。
この企業様とは2016年からのお付き合いで、
実に1年間半の中で、経営に関わる方の想いを引き出すことから始めました。

コンセプト設定がここから始まるが、
想いを引き出すのに時間がかかることはんーーーっと、腕組みする部分です。
思い返すと様々な感情が湧き出てきます。
そんなに事業への思いを言語化、図式化するのは簡単な作業ではないからです。

たった一つのメモから、事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しいし、感慨深いところです。
マーケティングの仕事をしていて、最高のことです。

事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

これからは、どんな詳細でもどんどんと引き出しを開けることで、
若い社員と思いや方向性を共有する時代。
メモは一つのきっかけですが、「中小企業にマーケティングが実践できる部署をつくる」を旗印に、
ロードマップの作成に入っていきたいと思っています。

今後の展開は自社が信じる技術と顧客の未来に向け、
ブランドの発信ができるように、よりスピードを上げて大きな成長を目指して行こうと思います。

関連記事

  1. この手法を取る方が世の中のの変化にあわせていくと企業のブランドに無駄がない

    「新しい企画を始めたい、すぐにお願いできないか」と言われた時

  2. 「日本一の会社にするから、協力してほしい」

    事業計画は社員の夢

  3. 生活者の「生の声」を聞く!マーケティングリサーチ・解析活用の3つのメリ…

  4. なにを仕組みにするのかを決めることで自動的に方向性が見えてくる

    仕組み化するために初めに行うこと

  5. ネタ不足…これがあれば情報発信は楽になる!

  6. 日経新聞では「感性に訴え単価上昇」と掲載

    感性マーケティングが活用されているとわかる記事

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ