自社サービスは「生き物」であると感じた瞬間

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

BtoB企業様のコンサルを通してより強く感じていることは、
「会社で立案したサービスは動かすことが大事だ!」です。

自社サービスはドンドン育っていく「生き物」のようだと思うのです。
1年前と変わらない、
1年前と集客数が同じ、
1年前と顧客が同じ
なんて普遍な存在(サービス)は無いですよね。

マーケティングの環境は刻一刻と変わっていき、自社もどんどん変化していきますしね。
そして変化していることを感じることも重要だと思います。
なぜそのようなことを思ったのかというと、
昨日、にいがた朱鷺市という、ECサイトを中心としたグループの勉強会がありました。
地元の勉強会で、いつもいろいろな視点から学びがあり、
今回はECサイトにつながる、商売をする上で最も重要な会計について学ンだからなんです。

古屋悟司講師のご著書 ↑↑↑

売上が上がって手元にお金を残す、
また人件費をコントロールする方法を知ることで、集客に結びつけるという学びです。
例えば、価値を理解してもらい価格の裏付けとする時、価格がみあっていないと感じるのは、
そのサービスが以前と比べ、そして環境も含め、育ったから。
必要とするお客様にこれからもサービスを提供するには、
ドンドンと良くなっていく&育っていくサービスが必要なのだ!
と感じました。

何か想いがあって創ったサービスを育てるのは、軽い気持ちでできることではないと思います。
だからこそ、つくっただけではなく、
価格を変更したり、環境やターゲットを変えたりして、動かしていくのですね。

***********************************************

▼「マーケティングプロセス」関連記事▼

安心して営業するための集客と準備の関係

「やったことがないからできません」と言わない社長がやっていること

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 実績とセルフイメージを高めるために「行動の分解」をしていく

    小学校6年生へ『マーケティング』を伝える

  2. マニュアル(=売れる仕組み)で成功した社長がいる

    そこには「やる気」がある

  3. 「いやー、ダウンロードなんてあてにできない」と感じていらっしゃるようでしたら見直すチャンス!!

    BtoB企業が顧客獲得に「使える!」と言ったインサイドセールス

  4. 顧客と企業が相互に動くことによって認知が高まる自社が活用できるメディアを使う

    セミナー題名をなぜ「予算ゼロ」としたのか

  5. ターゲットを絞ることにより、ピンポイントの顧客心理をとらえ、製品のブラッシュアップが行える

    技術力向上に関するマーケティング導入の定義

  6. 自社をブランディングし競合他社と区別される求人募集を出す

    同業他社との区別される求人のためのマーケテイング活動

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ