トップから学んだマーケティング戦略の環境

たくさんの視点の中でビジネスモデルをつくり上げている

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングシステム化について調べていたら、
夏野剛さんと言う方にたどり着きました。
社長さんの中にはご存知の方がほとんどだと思います。
NTTドコモでiモードを生み出し、ドコモに1兆円の売上を作った方とのこと。
桁が違いすぎて、なんとすごいことでしょう!( ̄▽ ̄;)!!

 たくさんの視点の中でビジネスモデルをつくり上げている

調べてみると、いろいろな視点を持っている方だとわかりました。
そこでトップの方々はたくさんの視点の中で、
ビジネスモデルをつくり上げているのだということ。
仕事の習慣やスタンスも決めないんだろうなって思います。

新たな数字を生み出す戦略は、
今までの社長が営業のトップだった環境ではない所で作りだすことができるのですよね。
最近、わたしの所にも営業トップで社長だったところから
抜け出し、ビジネスモデルをつくっている方から、うれしいフィードバックを頂いています。

お声を頂くのもとても勉強になります。

 

関連記事

  1. 挑戦して分野を広げること

    「集客ができる実力」となる環境整備のコツ

  2. BtoB企業から「SNSでクチコミを発生させて欲しい」と言われたが

  3. 企業が女性集客を失敗しやすい理由

  4. 接触頻度を高めることで集客が可能になる

    展示会用メールアドレスの集め方

  5. 協力会社がただの「仕事を振るだけの相手先」にならないこと

  6. 今回の展示会出展の集客したい顧客や見込み客などターゲットとなる顧客

    なぜ、展示会当日に使える企画書を作成する必要があるのか?

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ