吉田北小学校講演会

事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

去年の11月に吉田北小学校で講演会をさせて頂きました。
『サマンサハート』の会社名の由来や、
社長の仕事、マーケティングについて生徒さんにお話ししました。

その後、講演後の生徒さん達の感想と、
自分たちで考えた商品の企画書を送って頂いたんですね。
マーケティングは私たちでも理解するのが難しいものですが、感想を読んでいると、
「すごい!私の話をちゃんと理解してくれている!」と感心させられました。
事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり。
「確かに!こんなサービスや会社があったら便利!楽しそう!」と私までワクワクさせられました。

そんな素敵な生徒さん達の感想と事業計画書を少しだけ紹介させて頂きます。

1.話を聞いて興味を持ったこと、おもしろいと思ったこと、感心したことなど

小学生の『社長』に対するイメージで、
「偉そうにして指示を出すだけだと思っていた!」という意見が多数ありました。
確かにそういうイメージ強いかもしれませんね(笑)

2.あなたにとって「会社」とはどのようなことだと考えますか?


3.あなたにとって「働く」とはどのような事だと考えますか?

事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり

企画が楽しいと感じるのは、年代を問わないのですね!!

 

関連記事

  1. 小学校6年生へ『マーケティング』を伝える

  2. 不安な現金よりもわかりやすいキャッシュレス

  3. 展示会で差別化戦略は、はたして有効なのか

  4. 優秀な社員や上司のノウハウや知識を共有できるというメリット

    社内でマーケティング研修を行うことのメリット

  5. ブランドのステートメント

  6. マーケティングプロセス、活用の秘訣

月別アーカイブ