展示会出展で成功する、ある方法

展示会出展を成功させている企業は、展示会に対する「一貫した戦略」を立てる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

≪関連ブログ記事 まとめ≫
ビッグサイトの展示会サポートに行ってきました 2016.11.2
展示会に出展する目的の約7割が『新規開拓』。
でも出展後、本当に新規客の獲得に繋がっているのでしょうか?
成果の見えづらいと言われる「展示会出展」。
出展したけど、実は最終的なお客様に繋がらなかった…という事は少なくありません。
では成功している出展者と、失敗した出展者の違いはどこにあるのでしょうか。
事例も交えながらポイントをまとめました。

■今のままで大丈夫?【展示会マーケティング】とは

①展示会への出展経験がある
②初めて展示会に出展することになった
今読んでいる方は、大きく分けて①か②のいずれかだと思います。

①の方のお悩みは
「成果や売り上げに結びついていない」
「出展で思うように行かない点(営業スタイル・ブースづくりなど)がある」
「毎回同じパターンで慣例化している」など・・・
②の方のお悩みは
「出展申込したはいいが何をどのように案内しようか」
「出展会まであと2ヵ月、ほとんど準備が進んでいない」
「展示会の成功パターンを知りたい」など・・・
どのお悩みも共通して、展示会マーケティングで解決することができます。
【展示会マーケティング】とは、展示会に関わる全てのマーケティング活動を指します。
調査分析から入念に戦略を立て、事前準備、出展後のフォローから獲得までを、
きちんと計画し実践することが大切になります。
「いつも同じように出展準備ができたし、まずは行ってこよう!」とのお考えの場合は
「改善」が必要です。
そして、はじめて出展の場合は「構築」が必要になってきます。

 展示会出展を成功させている企業は、展示会に対する「一貫した戦略」を立てる

■“出展するだけ”ではない売上や成果につなげるポイント

展示会へ出展すること自体は見込客と出会える大きなチャンスです。
しかし、ただ単に展示会に出展すれば売上や成果に繋がるというものではありません。
展示会を120%活用するためには、まず「戦略」が重要です。
展示会出展を成功させている企業は、展示会に対する「一貫した戦略」を立てています。
この一貫した戦略がポイント、どれも見落としなく展示会出展を
成功させましょう。
「計画」
「準備」
「実践」
「フォロー」

■展示会で〇〇が変わる

「どうしてあのブースは人がいっぱい立ち止まるんだろう?」
「商談に繋がる名刺が少ないのはなぜ?」
展示会出展経験のある方の多くの悩みをお聞きしました。
例えば、
「どうしてあのブースは人がいっぱい立ち止まるんだろう?」

『見込客が足を止める仕組みがブース内にある』と知ったことで集客に成功できたのです。
これも展示会マーケティング。
BtoB企業のほとんどの展示会出展目的が、
「展示会で見積りを取りたい」
「必要とされる関係性を作りたい」のです。
せっかくの展示会出展、全力で集客したいですよね。
名刺の集め方やディスプレイの実証にお困りの企業様、ご連絡をくださいませ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 顧客と企業が相互に動くことによって認知が高まる自社が活用できるメディアを使う

    セミナー題名をなぜ「予算ゼロ」としたのか

  2. 企業がこれから増販増客を目指していたら製品力をそのままぶつけるよりも

    結局、中小企業にとっての補助金申請用のマーケティングってなんだ?

  3. 吉中の生徒がサマンサハートのために考えてくれた楽しい企画

  4. 戦略を考え出すことができる社員を育てる方法

  5. 思考をまとめるのと同時に作業の確認を進める事ができるようにオリジナルに

    常に新製品の企画を抱えても、スムーズに営業活動ができる

  6. 企業の集客の近道はマーケティング活動を進めることが集客や顧客拡大の実践となる

    会社のマーケティング力が展示会出会場で差が出るワケがあった

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ