『マーケティング的営業カバンの中身とは(1/3)』BtoBマーケティングの実践ブログ

こんにちは!
サマンサハートの高橋夢乃(ゆの)です。
本日は私がBtoBビジネス向けのブログを担当させて頂きます!
ぜひ楽しんでご覧頂ければ嬉しいです。

■マーケティング視点で見る「カバンの中身」

丁度数日前、サマンサと新潟市内を車で移動中に、
スーツを着た営業マンらしき20代後半位の男性を見掛けました。

(予備知識:サマンサハート代表の高橋は、社長と呼ばれたくないようで「サマンサ」と呼びます…が普段はなかなか直接呼べません)

交差点で信号待ちをしていた男性。
「営業マンだろうな」と感じたのは、
きちんとしたスーツを来て、さっそうと移動している様子だったから。
その男性の手にはもちろんカバンがあり、これから商談にでも行くのかな?と感じる雰囲気でした。

男性のカバンを見たサマンサが一言、
「「あのカバン、何が入っているのかな?」」
とつぶやきました。
そうです、男性のカバンは、見るからにとっっっても軽そうなのです。
ビジネスシーンでよく見る、一般的なスマートなビジネス用のカバンでしたが、
厚みも重量感も無い感じで、まさに“カバンを持っている”って感じでした。

さて、その男性が例えば
これから本当に商談だった場合・・・
カバンの中身はいったい何が入っていたのでしょうか?

今回のブログは、その男性の『カバンの中身』(妄想)です。

 

関連記事

  1. マーケティングを使うことで新しい視点&活用から市場が広がる

    マーケティングが心に響くかの3つのポイント

  2. 毎月の顧客に向けての活動を見直し、1年間の計画を立ててみる

    顧客の求めるものが大きく変化している今、来年取り組むこと

  3. コンセプトがすでに決定している状況からスタートする場合もあり

    いざというときの次の戦略を生み出せるセットといえば

  4. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    Q、どうしてマーケティング力が身につくのか?

  5. いままでの営業活動を見直し、売れていくスタイルにリカバリーして事業を進める

    自社製品を軸としてマーケティングを強化させるBtoB戦略

  6. 顧客に対して提供する&他ではまねができないその企業オリジナルの強み

    製造業を中心とした企業におけるここだけはいつもぶれないという戦略とは

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ